スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kith cafe

2009.12.30 20:19|レストラン&カフェ
私の過去のシンガポールの記憶はあまりはっきりとは残ってないせいか
あれ、セントラル(ダウンタウン)もこんなに緑が多かったけ、と嬉しい発見。


IMG_1974.jpg

IMG_1983.jpg
引っ越して来てから、おきまりの(子供と歩くための)散歩道は川沿いをのんびりと。

そのいつも散歩道の途中にある小さなカフェ「kith cafe」。
IMG_1987.jpg
10人程度が座れるほどの本当に小さな店内には
壁に巨大なブラックボードとチョークで書かれたメニューが。
ちなみに、カフェなんですが「コーヒー」はありません。


ここのラテが、とってもオイシイんです。
私にはシンガポールでのベストラテです!って、まだ4ヶ月しか生活してないのに(笑)
コーヒーもお茶と同じで、みなそれぞれの好みのあると思うので
人によっては「まぁまぁね」と言われてしまうかもしれませんが。。。
近いこともあって、ちょくちょく立ち寄るようになったのですが
フレッシュジュースもオイシイし、
この日食べたクロワッサンについてきたイチゴジャム、
もしかして手作り?と思ったら、やっぱりその通り。
脇役までもとてもいい味をしてて、なかなかこだわりを感じます

IMG_1988.jpg

Kith Cafe: 7 Rodyk Street, #01-33 Watermark@Robertson Quay
Opening hours:Everyday: 7am – 7pm

参加してます!
スポンサーサイト

クリスマス商戦

2009.12.27 13:43|shopping
「ターキーは買えるのだろうか。」

引っ越し前に、なぜかそんなことが頭によぎったのですが、
それはまったくの心配無用でした。
さすがexpat天国。あるある、たくさんある!
普通にスーパーで売っているので、これまた便利。
でも、ちょっとビックリしたのがプレクックのターキーが事前予約で購入できること。
なかには”セット”もあり、これまた種類が豊富。そんなに需要があるのかな??
日本でいう、おせちの予約販売みたいなかんじです。

いやいや、私はちゃんと作ります~、と決めていたのに。
カタログを何気なくみたら、ムズムズと気持ちの変化が・・・。

しかも横から夫が「あ、これすごい便利でいいね!」とか、
「今購入すると、ワインとお買い物バッグがついてくるし!」とか、
とどめは「母親のもてなしで大変かもしれないから、手の抜けるところは抜いて。」と。
※クリスマスには義母がカナダから遊びに来てくれるのです。

後押ししてもらったかのように、
「ん、じゃぁ、そうしようかな!」と申し込みを済ませ。。。
ターキー焼くのは、時間はかかっても手間はそんなにかからないのに。
負けました。。。

もう、シンガポールに来てから、料理の手を抜くことが本当に多くなりました。
そんなときには駐在マダムからの、
「いいのよ。せっかくの機会なんだから!」という
力強い言葉を思い出して、そんな自分を肯定しようとしてます、が・・・。
私は駐在組でもマダムでもなんでもないので、
これにはやっぱり当てはめるべきではないですね。
その分、ターキー以外のところで、がんばります。ということにしましょう!




参加してます☆



Light for Right

2009.12.24 14:20|未分類
日本で暮らしていたときには、
私たち夫婦には欠かせなかったお店「グリーンフラスコ」。
ここのハーブティーはおいしくって、この系のお店としては
品質がいいのに料金は良心的なものが多く、
夫も私もハーブティーを毎日飲むので、とにかくよく利用をしてました。
アロマ関係ももちろん、とても充実の内容で、
セミナーなどもよく開催していています。
私はハンドマッサージの講座に参加したことがあるのですが
ここで教わったマッサージは、たま~にですが(笑)今も
夫にしてあげたりなど、ちゃんと実行してます!

日本を離れてからも、メルマガ登録はそのままにしているので
定期的にメールがくるのですが、そこで紹介されていた内容を
このブログで私からも紹介したいと思います。

「Lights for Rights(難民支援協会)」

この団体のことは、これまで知らなかったのですが、
「知ること」の大切さを訴えてることに、とても共感を持ちました。

受け入れるか受け入れないかは、それぞれが決めることであるけれど
”知る”、このアクションがなければ
何も始まらない、変わらない、と私は考えます。
世の中には、その事実すら見て見ぬ振りをする人が
多くなってきたような気がします。とくに日本は。
難民を多く受け入れるカナダでは、私のまわりでも難民できた方たちが多くいました。
多く受け入れるだけあって、政府がそれなりにバックアップをしているものの
それでもごく普通の生活を手に入れるには、
言葉の壁や経済的困難などの厳しい現実があります。

まずは、知る。
そこから先は個々の選択で決めればいい。
よかったら、皆さんも他の人に伝えてみてくれませんか?


難民支援協会ホームページ http://www.refugee.or.jp/





Hi-5!

2009.12.20 22:32|遊ぼう!
今回はかなり子供ネタで、しかも写真がかなり多いので
興味のない方はどうぞスキップされてくださいね☆


オーストラリアの人気グループ「Hi-5」。
といっても、人気なのは子供に、なのですが
カナダにいたときもテレビで放映されてましたし、
ここシンガポールでもやっぱり放映されています。
というわけで、かなり?人気があるのかなと思われるこのグループ、
シンガポールはオーストラリアから遠くはないこともあってか
ついこないだ、シンガポールでもコンサートがあったばっかり。

そして12月に高島屋のイベント会場でなんと、8日間のHi-5のショーが!
しかも日に3回、1日の休みを除いて。でもって、無料!
Hi-5!が好きなコータの手を取って、張り切って行ってきました。

IMG_2101.jpg
長蛇の列に私たちも混じってなんとか中に。

IMG_2105.jpg
MCの人はテンションは高いけれども目は笑ってない状態(笑)。

IMG_2102.jpg
すごくワクワクなコータ。集中してます。

IMG_2109.jpg
きゃー!とすごい歓声!

IMG_2113.jpg
もちろん、お決まりのポーズ「Hi-5!!!」。

IMG_2133.jpg IMG_2134.jpg
ショーは30分ほど。子供たちは踊ったりジャンプしたり、楽しそう!

IMG_2161.jpg
ショーの後には写真撮影が。列に並ぶも待ちきれず割り込もうとするコータ。こらっ!

IMG_2164.jpg
ティムが好きななので、真っ先に彼のところへ。

IMG_2165.jpg
ん?メンバーがコータを凝視してます・・・なぜ???

IMG_2167.jpg
気を取り直して。さすがプロ、笑顔ばっちり。

IMG_2169.jpg
撮影直後にフェリーとケーシーにモゾモゾと何か話しかけ始め。。。
左のティムはいったいどうしたのでしょう??(笑

IMG_2170.jpg
他の子供たちの番だから早くどきなさーい、と私が声をかけるものの。。。

IMG_2172.jpg
ふたりから熱いハグをもらったコータ。。。
この後にフェリーとケーシーが、「彼すごくカワイイ~。」
「目がなんてキレイなの!」と言ってくれました。アリガトね!

フリーイベントで、しかもこんなハードスケジュールだったのに
パフォーマンスも親子への対応もとってもプロだったメンバー。
私も楽しい時間をもらいました。ありがとう、Hi-5!
これからもテレビで応援します♪

IMG_2173.jpg
自宅に戻ってからも、ご満悦ぶりが止まないコータでした。
背後で疲れきってる我が夫。がんばれ、冬休みはもう少しだ!




クリスマス in Singapore

2009.12.16 20:08|shopping
ハロウィーン前からシンガポールの街中は
早々にクリスマスイルミネーションが少しずつ始まりました。
11月上旬にはもう完全とも思えるほどの仕上がり。
商業用のためなんでしょうけれど、あまりの早さにビックリ。
それに昼間の太陽ギラギラの下で、夜は夜で半袖とサンダルなどの軽装で見る
それらはやっぱりどこかしっくりこなくて、今年はどんなクリスマスとなる??と思ってました。
でも、クリスマスショッピングをし始めた頃から、なんとなく実感がわいてきて、
ツリーを飾った今は、もうすっかりクリスマスを実感してます。単純です(笑)!

クリスマスツリーは、こちらでも”もみの木”を買うことができるのですが
買える場所は、おなじみの「IKEA」、そして園芸ショップで購入ができます。
お花屋さんによっても取り扱いをしています(でも、少々高めのお値段設定)。
私たちは園芸ショップ「Far East Flora」で購入をしました。

サイズによって金額はかなりの差がありますが、
天井が高くとられた住まいが多いシンガポールでは
2Mサイズぐらいが一番売れているようでした。
と、いっても買っていくのは欧米系expatsがほとんどみたいですね。
この園芸ショップは、もちろんその他の植物をたくさん揃えていて
我が家にあるいくつかの植木もここで購入をしました。
カナダのときとはやっぱり扱う種類が全然違うので、見るだけでも楽しいです。

毎年、子供たちにひとつ選ばせて購入するオーナメント。
今年は娘のリコは自分の意志で選ぶことができて、ここでも成長を感じさせられます。

彼女が選んだのは、”ロマンチック系ハンドバッグ”。
IMG_2091.jpg IMG_2096.jpg
コータはギフトを抱えたスノーマン。






参加してます☆



メイドはいりませんか?

2009.12.13 21:55|日々のあれこれ
「IKEA」で買い物をしてたときのこと。8月頃のことでした。
子供用品のコーナーで、かわいい赤ちゃんを見ました。
きっと新生児なんだろうな、ちっちゃくってカワイイなぁ。
と、「まだ1ヶ月ぐらいですか?」とお母さんに声をかけました。
そのお母さんは返答してくれるものの、
聞き取れないほどの小声で返してくるし、あまり会話はしたくないような様子。
あ、いけない。ここはシンガポール。なかには見知らぬ人との会話は嫌なのかも。
と、思ってたら突然、

お母さん:「シンガポールに来たばかり?」

私:「そうです、来てまだ2ヶ月。」

お母さん「ヘルパーはいるの?」

私「ヘルバー・・・??」

なんのこと??と困惑してたら、横から夫に「メイドのことだよ」と言われて
あ、なるほど。そうだった、メイドさんのことは
「ドメスティック・ヘルパー」というんだったと思い出しました。

そして、その方は、その赤ちゃんのお母さんではなくてヘルパーさんということが判明。
彼女は小声で続けて、
「今の雇い主はヒドいから、新しい家族を捜している。雇ってください。
と、電話番号をこっそりと渡されました。もちろん、その雇い主には見えないところで。
メイドへのひどい扱いをする雇い主がいるのが現状です。

私は最初、メイドさんとそうでない人たちとの
暗黙のお約束いうのかマナーというのか、
そういったことを知らずに、公園などで、ふつーに
「こんにちは~」とか「あら、お子さんおいくつ?」とか
メイドさんたちにも話しかけていたのです。カナダや日本のときとただ同じように。
”こちらの普通”だと、いわゆる世間話というものを彼女たちとはしないようで
しかも雇用主がその場にいたら、会話を避けるメイドさんがほとんど。
”してはいけない”という暗黙のルールなんだと思います。
実際、ウチのお向かいさんのメイドさんは、私と二人きりのときはいろんな話をしてくれるのに、
雇い主が現れた途端に口をつぐみます。うんともすんとも言わない。
そしてまた、姿が消えれば、また普通に話をしてくれます。
やたらと話しかけてしまう私は、明らかにメイド素人に見えるのでしょう。
なかには、夫が北米人と知ると、「あなたたち家族のために一生懸命働きます!」と
熱意を込めていってくるメイドさんまでいて(なかにはexpatsのほうを好むようです
とにかく来て間もない頃はよくそんなことがありました。
夫が真剣に住み込みのヘルパーさんを雇うことを考えていたときがあり、
(今もできればそうしたい、みたいな様子ですが)
面接もしましたし、手続きも始めようとしてたのですが、いろいろとあり、
現在はパートタイムのヘルパーさんが週2回ウチに通ってくれています。
私はこれでとっても大満足です
それでもいまだに「なんで住み込みを雇わないの?」って不思議がられます。
そんなことを言われることが、私には不思議なのですが。。。




参加してます☆



サイエンスセンター

2009.12.11 08:35|遊ぼう!
バンクーバーにいたときに「サイエンスワールド」の年間会員になっていたのですが
この会員カード、他国の科学館でも利用ができるという嬉しい得点が。
ということで、ここシンガポールの「サイエンスセンター」へ
11月で期限切れとなるカナダの会員カードを手にして遊びに行ってきました。


IMG_1458.jpg
赤や青などの複数の色に変化して、なんとも近未来な雰囲気。
IMG_1461.jpg

IMG_1466.jpg
2008年から開催されているシンガポールF1グランプリにちなんで。

IMG_1468.jpgIMG_1470.jpg
このエリアは「i-space」。
エレベーターを降りて目の前にある通路は、歩くと床がカラフルな色の電気に点滅。

IMG_1493.jpg
これ以外にもベビーカーの貸し出しもあり。いずれも無料。

他にもいろいろ見所や遊べるスペースがたくさんあって、私たち大人も楽しめる。
展示品は800種類をこえるとか。とにかく1日ではちょっと見切れない内容です。
ここでもやはりフェミリー用年間パスがあるのですが・・・
や、安い!!大人2名子供3名で、たったの50ドル(約3500円)!ちなみに3才以下は無料。
セントラルの住まいからタクシー利用でも12ドル程度。
これからのモンスーンシーズンに、インドア系として
きっとよく足を運ぶことになりそうな場所です。



参加してます☆


住まい探しに向けて

2009.12.07 08:06|住まいのこと
カナダ出発後、日本に少し里帰りをして、
それから私たちはシンガポール入りをしました。

ホテル生活は当初、「なるべく早く住まいを見つけて落ち着こう!」と
夫と意気込んでいたのに、不動産の担当者の仕事ぶりがさっぱりしなかった、
私たちの土地勘があまりつかめてなかったなどで
結局はホテル生活を3週間もしてしまいました。

私たち家族は”サービスアパートメント”というスタイルの
部屋(キッチン、ダイニング、リビングスペースなどがある)を
夫の勤め先が手配をしてくれてたので、
幸い家族4人缶詰状態にはならずには済んだのですが
他の新任の先生方は、一般のホテルルームだったようなので
あまりゆっくりとはできなかったと思います。
毎朝朝食をとるホテルのレストランでは、もちろん顔なじみになってしまうし
ホテル近辺のエリアにもすっかり詳しくなってしまいました。
でも、日本からの転勤族の方なんかも似たように
長期でホテル住まいを強いられることはよくあることのようですし、
3週間で済んだのはいいほうだった?のかな??

カナダでの住まいからの引っ越し後は、義母宅に1週間ほどお世話になり
その後日本の実家に数日、シンガポールでのホテル住まい・・・というわけで
1ヶ月以上におよんだ仮住まいの旅。今は新たな住まいで落ち着けてホッとしています。


IMG_1982.jpg
道ばたに咲く花の色も鮮やかなトロピカル色。





参加してます☆




smoke

2009.12.04 13:41|日々のあれこれ
IMG_1992.jpg
ん・・・?

IMG_1993.jpg
ギョッ?!と一瞬、目を疑う光景。
でも、すぐに慣れてしまいました。

週に一度、住んでいるコンドの敷地内で”スモーク”と呼ばれる、業者による害虫駆除です。
一応、人体には深刻な影響はないと言われてますが・・・
IMG_1989.jpg
(写真内右下の)噴霧器を背負って作業する業者さん。マスクぐらいはしたほうが・・・。

おかげで、こんな気候であるにも関わらず、
普段の生活の中で蚊にさされることはあまりないですし、
住まいは築10年ちょいの古い建物にもかかわらず、
室内はゴキも遭遇せずに暮らせてます。
あ、ヤモリは1匹住みついてます。

これは普通にいろんなところで行われていて、郊外へ行ったときには、
空中で飛行機が殺虫剤をまいている光景にも遭遇しました。。。これにはさすがにゾッとしましたが。
シンガポールって、私が今まで体験したことのない”ルール”がいろいろあって、おもしろい。。。





参加してます☆


カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

シンプルアーカイブ

プロフィール

chico

Author:chico
シンガポール在住5年目を迎え、海外生活は10年目となりました。息子と娘の子育てが落ち着いてきたこの頃は、シンガポールで自分時間を堪能中。

photos

www.flickr.com

Thank you for visiting!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

FC2カウンター

最新コメント

☆コメントありがとう☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Flashリバーシ

本棚

フリーエリア

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。