スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから答えなんてないのだ、きっと。

2011.07.31 22:23|家族のこと
その晩の夫は、私に大激怒でした。
今、伝える必要はないだろう。まだ幼過ぎる。
死へのトラウマにとりつれたらどうするんだー!
カウンセリング通いになるぞー!と。


トラウマにさせてしまうのも、そうでないのも
私たちが、今後どう話していくかによってでしょう。
死後の世界など、それは分からないし
私はただ、自分がもし早く死んでしまったなら
あなたの口から子供へ、私の事実をちゃんと教えてあげてほしい。
ママはお星様になったんだよ、なんて言わないで。
だから、私はただ淡々と彼の質問に
できるだけシンプルに、私が分かる範囲での事実を答えたい。
そして、これは私の父への”敬意”でもあるから。
一度しか会ったことがない、記憶にない祖父のこと。
コータに、私なりにきちんと伝えたい。
その役割はあなたじゃない、娘のこのアタシ。
両親がご健在のあなたには、きっと理解できない。
私は、それを責めたりするつもりはない。
ただ、想像してみて。
あなたのご両親が亡くなったとき、
自分の子供たちに、どう伝えますか。
美しいおとぎ話を聞かせるの?
それは、あなたの悲しみや愛に反しませんか。
コータ本人が気づき始めている何か。
気づき始めたその何かを、本人は知りたがっている。
その場しのぎの”お話”で済ませても、いずれかは知ることで
そのときに、両親がしたあの話は本当でなかった、と知ることのほうが
彼の精神衛生上、どうなんでしょうか。親への不信感が生まれませんか。
何かの小さな約束事とかサンタクロースのことじゃないんだ。
生死は、絶対であり普遍で大切なこと、あなたも同じでしょう。
そもそも、物心つく前から教会通いして
気がつけば”死”の存在をすでに知っていたたあなたに、
コータや私のこの”疑問”をもつ気持ち、分からないでしょうね。


夫婦喧嘩以上のことをしているとでも思ったのでしょうか。
翌日、母が、「夕べ・・・何話してたの。
 英語で話してるからさっぱりだったけれど
 すごい緊迫した雰囲気だったわね・・・」と
かなりの心配顔で話しかけてきました(笑)。
ああ、死とか宗教的な話をね、と適当に片付けてしまいましたが
私も、父の死後、久しぶりにこのことを深く考えたし
そろそろコータには、夫の信じるものと私の思うことを
少しずつ話し始めていくステージになったかなと意識しはじめました。


「私たちは、ずっーーーと一緒だよ。だから怖くなんかないんだよ。」

コータの涙が止まり、落ち着きを取り戻しました。
姿が消えてもね。だって、それは本当だから。






スポンサーサイト

コータの100の質問

2011.07.30 22:23|家族のこと
父のお墓参り。

里帰りのたび、みんなでしていることですが
今回はコータに質問攻めにあいました。
今まで、何一つ聞いてこなかったのに。


ここは何?これは、なあに?

おじいちゃんは、どうしてここにいるの?
おじいちゃんに何があったの?
おじいちゃんはお医者さんに診てもらったの?
薬は飲んだの?注射は?看護してもらったの?
でも、どうしてダメだったの?

死?

死ぬって、なあに。
この世からいなくなるって、なあに?

どうして?

その後は、どうなるの?どこかへ行くの?
それは、みんなと一緒にいれなくなるってことなの?


そして、コータの目から大粒の涙が止めどなくこぼれ落ちます。
私が、ほぼ”本当の答え”で説明しているから。

「そんなのはイヤだ。」

自分が子供だった頃、”死”を知ったときのことが鮮明に蘇りました。
私も、今、目の前で泣きじゃくっているコータと同じように。



夜になっても、彼の質問は終わりませんでした。




ナイス!

2011.07.29 17:01|旅する
こんな規模の公園があったなんて。
驚きとウレシい発見に、また行くことを誓った所沢航空記念公園
一歩、公園内に足を踏み入れると・・・ひ、広い!

公園内にある見応えのある「所沢航空発祥記念館」。
本物の飛行機やフライトシュミレーション、
(あれは多分) IMAXなどがあります。

IMG_0423.jpg

IMG_0420.jpg
日本国内で初めて作られた飛行場が、実はここ所沢だったとか。

航空公園
とにかく歩いて辿り着いたプレイグラウンド。
ここは日本ですか?というほどの広さと充実ぶり。
すべり台も、余裕で10人の子供が一緒に滑れそうなほど大きい。。。

実家から近いようで遠い所沢。
この公園に来るのは初めてだったのですが
予想以上に良いところではないですか!
また遊びに来るよ~。所沢サイコー!

気を取りなおして。

2011.07.26 20:39|旅する
ホテルでゆっくりして、いい睡眠をとって
明日からまた元気にいけばいいさ!と願ってましたが
やっぱり時差ボケになってしまい
子供たちが明け方4時に起床。
毎度のことなので想定内ではありましたが。

成田
薄い雲が広がった空の明け方。
この辺りって緑が深くて、日本ではないみたい。

成田エリアのホテルは5、6カ所ほど宿泊しましたが
私たちには、やっぱりここが一番合っているかなと思います。
他と比べて満足度が高い朝食がとれるホテル日航成田
ローソンがあるのが便利だし、スタッフも気持ちいい対応をしてくれます。
部屋はタイプがいろいろあって、私たちのように大人2名+小人2名だと、
スタンダードだとちょっと手狭すぎるので
ちょっと広めのお部屋に。でも、お値段はお手頃です。

朝食の後は、また移動。目的の実家へ。
新しく開設されたスカイライナーに乗りました。
うんと時間が短縮され36分。待ってました!

スカイライナー

なんて最先端・・・と思わずため息が出てしまいました。
夫は「ト、トイレがさ・・・」と、そんなところで興奮気味に大感動。
日本の技術やこういうセンスって、やっぱりスゴい。
こういうのを見ると、日本まだまだいけるよ!って元気をもらえます。


おしおきよ!

2011.07.24 09:57|旅する
某北米系航空会社での日本へのフライト。

ひどかった。。。

行きはあんなに感激したのに。
あれは、なんだったんでしょう・・・幻覚??


チェックインに信じられないほどの時間を要され
搭乗時間を過ぎ。機内では、???なこと多々。
でも本当の事件は、成田到着でのこと。

積み忘れ。ですよ。

荷物6個のうちのひとつが積み忘れ!

あたりを見渡すと、同じ境遇にされされている人が他にも。
中には「赤ちゃんのものが、全て入っているんですよ!」と
あきれ顔で怒り心頭の方もいらっしゃいました。
うちも。。。よりによって、子供のものが全て入っているスーツケース。。。
窓口担当のスタッフの方が懸命に対応してくれてます。
でも、”グループ会社のしたこと”的な口調交じりで。
平謝りでなく、もっとプロフェッショナルな仕事をしなきゃ。

手続きに、ここでも時間を費やされ
やっとの思いでゲートを出ようとしたとき、
私たちを追い越そうとする思いっきりsnobbyな巨漢の外国人。
”オマエの子供と荷物じゃまなんだよ”とでも、おっしゃりたいのでしょうか。
その巨漢。制服を来ているじゃないですか。
そう、私たちが今、乗ってきたばかりの航空会社。
カエデのマークが印籠のように目に入ってきました。。。
め、めまいがぁーーー。

こうなれば、もうオシオキです。
貴社は使いません。
しばらく乗って差し上げませんことよ!!!


ボロボロの私は、もう、とにかくホテルへ逃げ込みたい。
ベッドに倒れ込みたい。過去14時間を全て脳から消し去りたい・・・

IMG_0359.jpg
ホテルのベッドで同じく横になるおもちゃたち。
コータのロボットとリコのテディベア。
※撮影byリコ



追記:
2日後に実家へ送られてきた忘れられたスーツケース。
ヒビが・・・ひとつ?ふたつ?!み、みっつーーー!
数年使い込んでいるので、多少は弱ってたかもしれませんが・・・。
新品のもので代償となりましたが
一緒に旅を何度もしてきて愛着があったのにね・・・(涙)。







また来年。

2011.07.21 17:03|旅する
今年は、昨年より若干短めの滞在だったけれども、
それにしても、あっというまに終わってしまいました。
でも、そこに満足感だ、充実感などはなく
あれもしたかった、これもしたかったことが多々。
すべては、雨ばかりのお天気のせい。
ま、いろいろは来年に持ち越しするということで。

さー、次は日本。
シンガの外国人友人知人で「行かない方がいいんじゃないの」と
言う人もいましたが、行きますよ。行くんです。
お金を使うことで経済に貢献して。
この身で感じて、目で現実を見て。
あれから。日本が恋しくて仕方がなかった。

次です。次!


IMG_0299.jpg
さようなら、カナダ。
また来年ねー。



これで今年は見納め

2011.07.20 20:42|Granny's Garden
こういうお庭のあるお家に住みたいなぁと、いつも思います。
でも、実際に花々が咲いている期間はそんな長くはないし
それのために、これだけの規模のガーデニングは
私みたいなのには到底できないです。

IMG_5329.jpg

IMG_5548.jpg
娘が生まれた後に知ったこと。
うんと前に植えられたこのバラが、娘と同じ名前!
こんな偶然って、すごくウレシい。
こんなふうに、可憐で気品のある子になってくれますように。。。
なんて、欲深いことを願ってします。

IMG_5323_20110912214141.jpg
見えにくい裏庭も、彼女のガーデニング愛がたっぷり。

IMG_5312.jpg

義祖母から続くこの庭。
生前の義祖母も、この庭をよく手入れしていました。
帰ってくる度に、きれいなお庭を楽しむだけでなく
そんないろいろが蘇ってくる思い出の庭。
今年の夏は、これで見納め。
また来年!





U-Pick いちご狩り

2011.07.19 09:04|旅する
以前の夫は「いちご狩りとかって何が楽しいの」と
熱血先生にしては、意外なところで冷めたタイプだったのですが
子供が生まれたら、フルーツ狩りにくり出すのに積極的になりました。
というか、今では”母国ですることリスト”の必須です。
私がめんどくさーとなっても、置き去りにして行ってしまうでしょう。

今回は、義姉ファミリーと、もちろん義母も一緒で。
大人数で行く方が、やっぱり楽しい。


DSCN1607.jpg
果てしなく続くイチゴ畑。


DSCN1622.jpg
黙々と収穫作業に没頭するコータ。

いつも思うのですが、”ユー・ピック”って、
言い方によっては、なんかすごいエラそうだなあと。
”オマエが摘めよ”みたいな。
だから、なんの。ですね。言ってみたかったんです。。。



DSCN1598.jpg
帰り道の夕暮れ空。
遮る物が何もないから、視野に入る空がすごーく大きい。
当たり前だった風景も、環境が変わったことで再認識。
ああ、帰る日まで残りわずか。




やめられない、とまらない

2011.07.16 17:14|旅する
サルサとトルティーヤチップ。
おいしいですね。止まらないおいしさ。
幸い、シンガポールでもこのてのものは普通に手に入るので
とくに飢えてはいなかったのですが、
このパッケージがとってもキャッチーで手が伸びました。

IMG_0252.jpg


カナダの日にむけてなんだと思いますけど、
こういう商品、もっとあればいいのに。
カナダオリジナルの食べ物ってほとんどないから
せめて、パッケージをこんなふうにカナダチックにすれば
愛国心をくすぐるし、”カナダ”のおみやげにもなるし。
実際、おみやげとしてサルサもつけて兄に持っていったら喜ばれました。
「ビールと合うね!」って。その通り!




蟹を食いつくせ!

2011.07.15 17:53|旅する
夫サイドの義理の兄は、カナダの田舎暮らしが大好きな人で
ちょっと保守的、亭主関白なところもある、”アニキ!”みたいな人です。
それなのに、それなのに、という表現はいけないのかもしれないのですが
なぜか、日本食が好き。とくに刺身が、異常に好き。
自分でマグロを釣りにいってしまうほどです。
巻き寿司も、私なんかよりずっと上手に巻いてしまうし
クリスマスディナーでは、ターキーではなく
刺身やお寿司の盛り合わせが出てきます。

私も海鮮ものは大好物。これを熟知している義兄は会う度に
捕ってきたエビやサーモンなどを大量にふるまってくれます。

そして今回は、かに。かに?!

やったぁ!


_MG_5514.jpg
バンクーバー島から計7時時間近くかけての移動なのに
カ、カニがまだ動いている!

_MG_5515.jpg
姉御肌の義姉さん。
さすがに手慣れている、かっこいいー。
すべてささっとさばいてくれました。

_MG_5519.jpg
場所をとるし、飛び散るからね、と、お庭で作業。
さすがに食べきれなくって、翌日に持ち越し。
私的には、お味噌汁とか釜飯風とかにもしたい。。。
えーん、うまかったー。お義兄さん、ありがとう!


カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

シンプルアーカイブ

プロフィール

chico

Author:chico
シンガポール在住5年目を迎え、海外生活は10年目となりました。息子と娘の子育てが落ち着いてきたこの頃は、シンガポールで自分時間を堪能中。

photos

www.flickr.com

Thank you for visiting!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

FC2カウンター

最新コメント

☆コメントありがとう☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Flashリバーシ

本棚

フリーエリア

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。