スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクの誕生日

2011.08.30 20:07|家族のこと
「今年のお誕生日はどうしようか。どんなふうにしたい?」

「んーーー。」

「インドアプレイセンターでやる?」

「ノー。」

「え。・・・じゃあ、お家でする?でも、20人とか呼べないから
 5人ぐらいになるよ。選べる?」

コータは、名前をあげるものの、やっぱり少人数でおさえられず。

そして最後に発した言葉は、

「そういうパーティはあまり興味ない。」

「えっ??・・・・・・・。」



ということは・・・どういうことなんでしょうか?
母、あなたが何を欲しているのか、全く見当がつきません!



結局、彼の要求は、
「カップケーキをクラスのスナックタイムのときに持ってきて。
 チョコレートのがいいな。グディも持ってきてね。
 グディはね、パーティ・ホーンがいい。」

「へ?パーティ・ホーン、ね・・・わかった。」

portrait_of_a_boy_blowing_a_party_horn_blower_gws241009.jpg
(なぜ??)



「でも、パーティは?パーティしないの?」

「んー。しない。」

「えー!でも、何かしようよ。家族だけでもね。」

「んー。じゃぁ、そうだなぁ・・・ビーチトリップ。
 バースデー・ビーチトリップだ!
 そうそう!これだ!これがいい!!これね!!」

あー・・・・。。。。




 


スポンサーサイト

扉の向こう

2011.08.28 12:19|日々のあれこれ
古いプラナカンスタイルの建物。ショップハウスとよばれています。
私が住んでいるエリアでは、あまり残っていないのですが
たまに見つけると、思わず立ち止まってしまいます。

IMG_4291.jpg

IMG_4251_20110915111023.jpg

IMG_4233.jpg


扉がみなそれぞれで、見ていて本当におもしろい。
どんな人が住んでいるんだろう。
その扉の向こうは、どんなふうになっているんだろう。
きっと、ステキなんだろうなと、ひとり胸を躍らせてしまいます。

独自の文化でなくても、融合した文化がこんなにも魅力的。
シンガポールの良さを、こういうところでも感じるのです。


新学期が始まって

2011.08.27 14:44|家族のこと
先週のオーチャド界隈は、連日のようにすごい人ごみ。
なぜ??・・・ああ!まだ夏休みだった!と思い出しました。
シンガポール内の学校はもう夏休みが終わりましたが
考えてみれば、他の国はまだまだ夏休みですもんね。。。
日本はお盆だったわけで、そういえば日本人も多かった印象。
シンガポール楽しかった!と思って帰ってくれるとウレシい。

私も、通常生活に戻りつつあり、この2ヶ月会っていなかったお友達を訪ねたり
お家と子供、自分のことなど溜まってたことのやっつけ仕事をしております。
でも、また体調が。。。
最近は、長期の留守から戻ると、いまいち体調が優れない。
お年頃なんでしょうか、老化現象は止められません。

この夏から、リコもコータの通う学校に入学。
ローカルのモンテに通っていただけあって
もうすでに新しいこの学校にすっかり馴染んでいます・・えらい。
コータのお迎えなどで、さんざん一緒に来たことがあるので
この学校を見慣れていた、というのもあるんでしょうけれど
彼女の適応力の高さには、正直、羨ましささえかんじます。

過去の小さな経験からいくと、子供同士ももちろんそうですが
幼稚園の場合、親御さん同士でどれだけ盛り上がれるか。
これが、クラスに影響していると感じました。
さて、今年はどんな年となるのでしょうか。。。








MUJI

2011.08.22 13:00|shopping
「あ、買い忘れた」と思い出すには、
遅過ぎる日本でのショッピング。
日本への里帰りは、いつも綿密に練られた(私なりに)
”お買い物リスト”を用意してるのですが
ぬけている私は、こういうところでも徹底してぬけている。
よくあることなので、ま、いいかー、なのですが
もう手元にないので、とにかく何か買わないと。
買い忘れたのは、コットン。

さて。どこで買おうか。
化粧品売り場はイヤだし、日本よりかなり高いに決まっている。
薬局のは好きじゃないしと、思い出したのが「MUJI」。

IMG_0493.jpg

日本でおなじみの無印良品。
多くの方がご存知のとおり、海外では”MUJI”という名前。

はじめてここのコットンを使ってみました。
この値段でこれはいいでしょう!
すごく厚みのあるのは、あまり好きでなく
でも、フカフカに柔らかいのが欲しい。
あー、これはいい発見をしましたー。

ちょっとしたお返しとか、自宅用のものなど
よく買い物に行っているのですが、ウレシい発見に
他にも使ったことのない商品を試してみたくなりました。



夏休み終了!

2011.08.15 07:36|家族のこと
終わった夏休み・・・・・




やったぁーーー!!!



同じインターのお母さん方と一緒に、小さなガッツポーズ。
終わりましたー。今年は(も)長かったー。

やっぱり、子供達は幼稚園に行くのがベストです(笑)。
本人達も待ち遠しかったようですし(私もね)、
規則正しい生活の方が、情緒が安定してる我が子達。

でも、コータの新しいクラスメイトや先生、今後の授業の流れとか
リコも同じ学校に入り、また違う環境の中でのスタート。
新学年が始まったら始まったで、やっぱり心配になることが多くって
子供との生活というのは、どうであっても必ず常につながってるもの。
コータは最後の幼稚園生活なる一年----。
といっても、幼稚園から高校まで同じキャンパスなので
当の本人は気にも留めないでしょうけれど、来年からは小学生。
日本だったら、親子でドレスアップして入学式。自分の子供の頃を思い出します。
母としては、何かこう、感極まるものがあります。すでに。
まだ一年も先のことだけれど。


DSCN0796.jpg
最終日の夕暮れ時、近所のシンガポール川沿いをお散歩。
明日から、またそれぞれの生活開始です。



QB House SG

2011.08.10 10:35|これがシンガポールだ!
幼稚園が始まる前に、コータの散髪を。

DSCN1298.jpg
ここでも日本企業が進出。おなじみのQB House。

すでに店舗数がかなりあるのですが、今後もまだ増え続けるのでしょうか。
日本と同じく、駅近のロケーションで、料金はS$10。
システムは全く同じで、事前に自販機でチケット購入、
順番に椅子に座る、基本10分ぐらいでカット。

いつも夫とコータでここでカットしてもらうのですが
夫は一足お先に、夏休み中に日本のQB Houseで散髪済み。
日本のほうが、対応がやはりきめ細やかですが
技術は、それぞれのお好み、という印象です。

コータは、つむじが二つあり、短髪か長髪のどちらかがベストで
私としては、長いヘアスタイルのほうが彼には似合うと思うのですが
シンガポールは暑いし、暑がりの彼にはマメな散髪がかかせません。
もちろん、もっと格安なローカルバーバーなんかもあるのですが
ここは近いし、顔も覚えてもらってるし、コータもここが好き。
というのも、カット後に、いつもコームをくれるんです。
もう、いらないよってくらい家にたまっているんですが。。。
散髪後の”おまけ”が、子供心をくすぐるみたいですね。





ただいま、シンガポール。

2011.08.07 07:25|日々のあれこれ
子供たちと常に一緒だったのは疲れたけれど
2月の夏休みも、残すところ数日。

シンガポールに戻りました。

あと、ここでさらに2年、か。
いや、いいんですよ。すごく暮らしやすいところだし
子供達は、今の学校に楽しく通ってくれているし
夫も仕事のことはさておき、この国を楽しんでいるし
私自身も気を楽にして生活できるから。

でも最近、子供達はここが"home”と思い始めていて
もちろん、自宅はここなので、そうといえばそうなんですけれど
ここにあまり長く居すぎると、子供達への影響がどうなっていくのか
少し不安というか懐疑的になってしまいます。
もちろん、出身国にいたくこだわったとしても
最終的に全く違う国で人生の大半を過ごす人はたくさんいるし
それは、子供達が将来、個々に決めればいいことなのですが。
あらためて、幼少期から10代の時期に過ごす
環境による影響の重要さをかんじているこの頃です。


IMG_0524.jpg
見慣れた風景を見て、ああ、戻ってきたねぇーと、我がふるさと的な気分。
近所のシンガポール川沿いを散策しながら。



お家に帰る

2011.08.05 07:22|旅する
日本での短い滞在中は、猛暑日が数日あったものの
それ以外は、落ち着いた気温で、外出が楽な滞在でした。
公園や博物館、いろんな電車に乗ったり。
子供たちは、久しぶりに会う日本の従姉妹達に恥ずかしがったり。
今回もまた、私の知らない最近の日本の発見もありで
家族全員が楽しく過ごせた滞在でした。
もちろん毎度のように、不便なこともいくつかはありましたが。


sheraton.jpg
成田へ向かう前日はTDLで遊び、舞浜のホテルに宿泊。
ここでも、鬼コーチによるパターゴルフレッスン。


さて。また長時間の飛行機に乗って、お家に帰る時間です。
今回は夜便だったのですが、いいんだか悪いんだか。
チャンギ到着が夜中の12時で、熟睡してたはずの子供たちは
到着のとたんに、目がぱっちり・・・。
私としては、眠ったまま自宅へという読みだったんだのにー。甘かった。
最近の我が子達は、機内でおとなしく勝手にやってくれることが多いので
また昼便のほうがいいのかも。


DSCN1763.jpg
でも、夜便だからこそ見れる空の風景。

さようなら、日本。またねー。


カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

シンプルアーカイブ

プロフィール

chico

Author:chico
シンガポール在住5年目を迎え、海外生活は10年目となりました。息子と娘の子育てが落ち着いてきたこの頃は、シンガポールで自分時間を堪能中。

photos

www.flickr.com

Thank you for visiting!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

FC2カウンター

最新コメント

☆コメントありがとう☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Flashリバーシ

本棚

フリーエリア

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。