スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Italiannies

2011.09.30 08:08|レストラン&カフェ
シンガポールにもイタリアンレストランはたくさん。
欧米人が多いからというだけでなく
全体的に人気があるということなんでしょうか。
私の印象では、多くは”高級”イタリアンのようで
カジュアルな雰囲気&お値段&おいしい、ところはあまりないように思います。

でも、幸いウチの近所に、私のお腹と味覚とお財布を満たしてくれる
イタリアンレストラン「Italiannies」があります。
い

この日は、子供を連れてのランチ。
今回、子供と一緒に行ったのが初めてで
キッズメニューなんてあったんだと、びっくり。
しかも、や、安い・・・(6ドル~/380円~)
いた1

子供にそれぞれ一品ずつは多過ぎたー!というほどのボリューム。
コータは大好物のマルガリータを注文。幼児2人でも余ってしまうかも。

いた2
夫と私はシェアで前菜として、ほうれん草とアンティチョークのフロマージュ。
ガーリックがきいたバゲットと一緒に。


いた3
これもシェアで、メインにITALIANNIES BEEF CALZONE。
このカルゾー二、とにかく具がすごい詰まっていて
おまけにサイズが大きいので、夫ひとりでも毎度食べきれません。

いた
サイドでおまけのパンがきます。
バルサミコとオリーブオイルを目の前で調合してくれます。
パンはこのレストラン内で焼いています。


決して、この上なくオイシイ!という感激ではないのですが
この料金で、この味このボリューム、品揃え。
平日のランチはとてもお得で、メイン一品、
そしてスープ&サラダ&パンが付いてくるのですが
もう、いらないです!というほど、何度もスタッフが
「もっと、いかがですか」とテーブルに運んできます。。。
すでにこの量で満腹になるというのに
何度もおわかりする人なんているんでしょうか??
夜は夜で、つまめるもののサービスもあり。

近所には、たくさんの”おしゃれなレストラン”はあるけれど
値段は一流なのに、サービス二流、味は三流ばかり。
でも、ここはランチでも夜でも無難に食べに行けるところ。
無精な私には、近いってのは、やっぱり一番魅力的(笑)。
いた5

スポンサーサイト

プロフェッショナル

2011.09.29 06:31|日々のあれこれ
言い訳にしか過ぎないかもしれませんが、
海外にいる時間がながくなってくると
日本のニュースの詳細にうとくなってきます。
ニュース、事件などがあったというのは認識していても
じゃ、こと細かい詳細を把握してるかというとそうではなく。
新聞のない生活なんて考えられなかったけれど
日本を離れて7年。たまに読めればラッキー、程度になってしまいました。
ネットで読めるからいい、といえばそれまでなのですが。

”中国漁船衝突事件から一年”という見出しをみて、
ああ、そういえば、あの元海上保安官さんはどんな人だったのだろうと思い、
you tubeで検索。初めてどんな方なのかを知りました。

見たのは、外国特派員クラブでの会見(by産経)。
こんな聡明で冷静な人によってされたことと知って
ビックリしたのですが、それ以上に目を奪われたのは、
というか耳を澄まして聞き入ってしまったのが、通訳の方!
後半、技術用語にわからないとつまってしまう場面がありますが
始まりから圧巻です。すごい。なんてバランスのいい方なんでしょう。。。
頭の回転の早さ、気転のよさ、表現のセンス、豊富な知識。
って、私みたいのが言うのも、おこがましく、おかしな話なのですが(笑)。

プロなんだから、当たり前じゃんといわれればそうかもしれませんが、
プロの中でも、これだけの力量のある方ってそうはいないんじゃないでしょうか。
語学力が高い人は、日本にも今は五万といますが、
言葉のセンスや通訳者ならではの気転などは、
これはちょっと学習したところで身に付くものではないと思うんです。

通訳業界のことは、まったくさっぱりで
知っている名前といえば、有名な戸田奈津子さんぐらい・・?
(本来は映像翻訳家でしたっけ??)
この方は高松珠子さんとおっしゃるそうです。
お名前もステキ♡気になる存在になってしまいました。
講演などされているなら、ぜひ行ってみたい!




The Smurfs

2011.09.28 07:19|遊ぼう!
この週末は、夫婦でぐったり気味、かつ暑い日だったので
迷わず映画館へ。「The Smurfs」を見ました。

映画

ストーリーはさておき、このSmurfたちがカワイイ。。。
とくに、Smurfsの中で唯一の女の子、
Smurfette(スマーフェット)がカワイいんです。
夫は、懐かしーと言いながら見てましたが
私は見るのはこれが全く初めてだったので
すっかり”アメリカ産”だと思っていたら
もとは、ベルギー生まれだとか。

席に座って、まわりを見渡したら
同じく、小さな子供を連れたファミリーだらけでした。
十代の子達も見るのかなと思っていたのですが、、、
とっても子供向けだったんですね。
最近、そのへんの感覚もかなり鈍ってきたのを感じました(恥)。。。



だって学校が楽しいんだもん。

2011.09.18 19:19|家族のこと
リコが本格的に幼稚園に通い始めて、
早いもので1ヶ月過ぎました。
自分の時間が少し増えたのは、正直とてもうれしい。

でも。

やっぱり、さみしいな。

と、思って、


「リコと過ごせる時間が減って、ママちょっと寂しいなー」

すると、満面の笑みで、

私は寂しくないヨ。だって、学校が楽しいから!!

そ、そう・・・それは、いいことだわ。。。

(心で涙こぼす母)

とても喜ばしいことです。
今年は、なかなか幼稚園に馴染めないお子さんが
多くいらっしゃるそうなので、
毎朝、四苦八苦されている親御さんも多いことでしょう。

でも母は・・・かなり傷つきました。
正直過ぎ、リコ!






中秋節

2011.09.15 10:51|これがシンガポールだ!
日本でいう、十五夜のお月見になる中秋節。
香港などのほうが、もっと本格的な祝いをするそうですが
シンガポールでも、ちょっとしたイベントがいろいろ。

シンガポール川に浮かぶラタン。
中秋

中秋1

ミニステージも設営されて、ダンスや歌などのショーありで
今年は見ませんでしたが、昨年は花火の打ち上げもありました。

中秋4
干支の動物にちなんだものも。

IMG_5631.jpg
この日は週末で、中秋節の前日ということもあり、
昨年と同様にすごい混雑!

お家に帰ってからは、購入した月餅と
プレゼントしていただいた月餅をいただきました。
当日は満月は残念ながら見れなかったので、
前日にほぼ満月の月を見れてよかった。
この日の夜はおぼろ月夜で情緒あっていい夜でした。
中秋2


月餅

2011.09.12 09:00|これがシンガポールだ!
コータが「ムーン・ケーキ!!!」とうるさくて仕方ありません。
じゃ、社会見学も兼ねて、買いに行きましょうとなり
向かった先は、手っ取り早いところで「靍島屋」へ。

靍島屋2

週末の地下2階の特設会場は、案の定、大賑わい。。。
入っていくのがおっくうですが、ここは息子のため。
手を引いて、たくさん数あるブースをまわりました。
靍島屋

試食ができるので、いろいろ試してみて買う月餅を決めました。
結局、買ったのは「The Regent Hotel」のもの。
IMG_5620.jpg
ひとつがとても大きくて重たい、そして甘い。

扱っている月餅でもいろいろ種類があって
私はトラディショナルなの欲しく、でも卵黄が入ってないものに。
お値段は、2個でS$34ドル・・・高ーい。
ホテル系のはとくに高い。。。でも、おいしかったし
こんなときぐらいしか、月餅なんて食べないので奮発しました。

箱はもちろん、バッグまでオリジナルでちょっと高級感をかもしだしています。
このお値段なら、当然のラッピング?でしょうか。
_MG_5611.jpg IMG_5621.jpg


これで、中秋節を祝おうね、なんて言っていたのに。
中秋節当日。
夫が、大きなバッグをぶら下げて帰宅しました。
見覚えのあるこのバッグ・・・もしかして・・・

「プレゼントでいただいたよ。」

がぁーーーん・・・
Goodwood Park Hotelの月餅。。。
試食での私の最終審査に残ったGoodwood Park。。。
しかも、4個入りだ・・・
た、食べきれないほどに。。。


ありがたく頂戴いたします!





追記☆

食べれない量だと信じていたのに、
数日かけて食べきってしまいました。

Art Garden@the Singapore Art Museum

2011.09.09 20:24|これがシンガポールだ!
夏休み期間中にSingapore Art Museumで開催されるArt Garden
子供のための近代アート展示です。

DSCN1793.jpg
もとは真っ白な象だったのが、子供たちにお花柄のシールをペタペタ貼られてます。

DSCN1829.jpg
マジックテープでパーツが取り外しができる巨大ケーキ。

DSCN1831.jpg
同じメソッドで着せ替えバージョンも。

DSCN1803.jpg
プラレールによる道路。床にだけでなく、壁から天井にまで道路だらけ。

DSCN1822.jpg
巨大パズルに挑戦するリコ。もちろん私がほとんど手伝いました!

DSCN1826.jpg
屋外の中庭の空に浮かぶクラゲたち。
夜は、ライトアップされてきっと幻想的なんでしょうね~。

DSCN1810.jpg
展示品にカラーマジックで好きに色をつけていいスペース。


この他にももっと展示物やショートフィルムなども見れ
一日中居ても飽きないほど、見所がたくさんでした。
でも、やっぱり週末はすごい人、人、人。
夏休みピークとはもっとすごかったんだろうなぁ。。。
次回はもう少し、ゆったりと回りたいものです。来年も楽しみ。



BD Trip to Batam

2011.09.08 22:55|旅する
朝からどうにもテンションが上がりっ放しのコータ。
いいでしょう。母は許す。だって、君のための旅行だものね。

DSCN1968.jpg
プールで、浮き輪に揺られながらくつろぐリコ。

DSCN2042.jpg
長ーい桟橋の入り口。
この桟橋、雰囲気がよかった。

ばたむ2
入り口付近の石畳の階段を上ると、
バーがあり、そこからの風景に目を見張りました。

IMG_0565.jpg
ばたむ
とにかく長い距離でびっくり。何のために作られたんでしょうね。


IMG_0584.jpg
途中、やや劣化気味の部分もあったりして
少しびくびくしてしまいましたが、肉眼でお魚が見れました。


コータは、ここでもすごく満足だったようで
帰ってきてからの数日もまだはしゃいで喜んでいました。
最初、耳にしたときには、あまり子供らしくない祝い方だけれど・・と思い
お友達を呼んでBDパーティを強行してしまおうかとも考えましたが
こんなにも喜んでくれたのなら、君が正しかった。
そして、君の意見を尊重した母もエラかったね(笑)。

ホテルはエコノミーレベルだし、周辺も何にもないので
人にはお勧めはきっとしないようなところだけれど
夫は夫で、目的は誕生日のお祝いということはさておき
個人的にかなり楽しんでいたようす。
なんだ、みんな楽しかったようで、よかったじゃん!

DSCN2004.jpg


「でも、私のときはパーティね。大きいのね。」


リコ様のご要望がすでにあげられました。。。
まだ半年も先だというのに。



BD Trip to Batam

2011.09.07 10:04|旅する
コータのお誕生日リクエストは、ビーチトリップ。
母国にいたら、そんなわがまま言うなとなりますが
ここに住んでいるからこそ簡単にできること。
週末に1泊2日でインドネシアのバタム島へ。

”フェリー”となってますが、レトロな雰囲気な大型ボートみたいのに乗ること約40分。
たったこの距離で、もうシンガポールでない他の国。雰囲気が全然違います。

ホテルはターミナルからとてもちかく、お迎えマイクロバスで10分ほど。

IMG_0559.jpg
ホテルチェックインのウェルカムドリンク。
え?シャンパン♡?!
んなわけありません。これは冷えたジンジャーティーでした。
かなりスパイシーでしたが、眠たい体がしゃきっとしました。

DSCN2007.jpg
モンスーン始まりの時期であるので、この日も少ーし曇り空。
でも、強い日射しは体力消耗が激しいし、子供の繊細な肌への日焼けも気になるので
個人的には、曇り空でビーチが理想的です。なので、今日はパーフェクト!
快晴のときは、遠くにシンガポールが見えるとか。

DSCN2015.jpg
ホテルの外観や内装は悪くないのだけれど、雑なところがとても多い。
レストランはとても平均的。サービスも中の上ってところでしょうか。
1、2泊以上はしないなーというのが私の感想。


DSCN2022.jpg
なぜか、ものすごく長ーい桟橋がありました。
これは翌日行ってみることに。

バタムプール
青い夜に浮かぶプールにはイルミネーションが。
なんだか蛍を思い出しました。



海の透明度は、この距離的なところからだと
ビンタン島のほうがキレイでした。
もちろん、ここもそんなに悪く
浅瀬でもあるので、小さな子供が遊ぶには最適。







ボクの誕生日 クラスルーム編

2011.09.01 20:08|家族のこと
担任の先生に許可を得て、コータの誕生日当日は本人の希望通りに
カップケーキを持って行くことになりました。
今年の先生は、食べる物にちょっと厳しいお方で
先生からも、いくつかの指示をちょうだいいたしました。
大きすぎないようにとか、甘過ぎないようにだの、だの、だの。

スイーツショップを何件もまわるものの、
なかなか、これというのが見当たらない。
「だから、ロールケーキとかはどう?」と
コータに提案してみたところ、



「ママが作れば。」



痛っ・・・厳しいお言葉をちょうだいいたしました。。。

でも、おっしゃる通りでございます。。。
本来ならば、きっと母の手製のお菓子を振る舞うべきなのでしょう。
心に突き刺さりました。シンガポールに来てから母業が手抜きですものね。。。

というわけで。
せっせと作ってみました。先生達の分もいれて多めに30個。
アイシングして、それらしくデコってみました。

BD.jpg

グディも、せっせと内職をして袋詰めいたしました。
BD2

本人は、この上ないほどのご満悦ぶり。
ご期待に添えることができ、母も嬉しゅうございます。

実は、それ以上にウレシかったのがクラスメートの子達の反応。
「これ、コータママが作ったの?カワイイ!」とか「おいしい!」とか。
うれしいじゃぁないですか!!!子供って正直ですものね♡
暖かいお言葉、来年への励みになります!


これで終わりではございません。
次は”バースデー・トリップ”。


カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

シンプルアーカイブ

プロフィール

chico

Author:chico
シンガポール在住5年目を迎え、海外生活は10年目となりました。息子と娘の子育てが落ち着いてきたこの頃は、シンガポールで自分時間を堪能中。

photos

www.flickr.com

Thank you for visiting!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

FC2カウンター

最新コメント

☆コメントありがとう☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Flashリバーシ

本棚

フリーエリア

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。