スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クアラルンプールへ :最後の夜 ペトロタワーへ

2012.01.26 10:13|旅する
巨大なショッピングセンターがいくつかありましたが
内容はシンガポールと似ていて、ブランドショップに欧米系ショップ。
紀伊国屋や伊勢丹も同じくあり、一瞬シンガポールにいるのかと錯覚しそう。

ここにあるショッピングセンター「スリア KLCC」がまさにそうで、
その真後ろには、KLの目玉であるPETRONAS Twin Towers。
期待せずに見上げてみたら、これが圧巻の眺め。

KL17.jpg
ツインタワーとしては、世界一だとか。

向かいにある公園は、驚く数の遊具が!
KL15.jpg

あまりにも広過ぎて、あまりにも遊具がありすぎて
子供を見失ってしまいます!
KL16.jpg
子供はおおはしゃぎだけれど、
親のこちらは、つきっきりで見てないと怖い。。。

KL18.jpg
日が暮れ始め、空が暗くなるにつれ
タワーの美しさが際立っていきます。
KL19.jpg
一眼レフ持ってきゃよかったと後悔したほどの美しさでした。
プラチナという言葉がまさにふさわしい輝き。
これは一度見る価値、絶対ありです。

この日は最終日の夜。
食べ物のやはりシンガポールとそんなに変わらないし
市内はこれからさらに発展していくんだろうなぁという
熱気みたいなものをかんじました。
イスラム圏の国が発展するとこういうかんじなんですね。
住むのには、これからさらに注目できるところだと思います。
観光名所、他にもいろいろあるのかもしれませんが
私たちにはクアラルンプールは一度で十分、というかんじでしょうか。
空港からのこの遠さはリピートしようという意欲をかき消すというか
そういうのをしてまでも、また来たい!という決め手がないというか。
でも、一度は行く価値ありです。


スポンサーサイト

クアラルンプールへ :バトゥ洞窟

2012.01.25 09:09|旅する
タクシーに乗ること約1時間(バスもあるみたいです)。
ここでもタクシーがすっ飛ばすので、ちょっと冷や冷や。
着いたところは、Batu Caves

KL20.jpg
タクシーから降りて、ごつごつした巨大な岩山がすぐ目に飛び込んできました。

KL21.jpg
巨大過ぎて近くから見ると視界に収まりきらない神様彫像。

KL22.jpg
この階段が、、、長い道のりだけでなく、ものすごい急で、おまけに歩幅が狭い!
端の手すりには、野生猿が物乞い目的で座ってました。
バッグにむやみに手を入れたりすると、食べ物?!と思うようで近づいてきます。注意。

KL25.jpg
息切れして登りきった後には、神秘的な風景にお目にかかれます。

KL24.jpg
また階段。
空からの光で洞窟内がそのエリアはとても聖地な空気。

KL26.jpg

KL23.jpg

KL28_20120329094007.jpg
感動したのもつかの間。
下りは下りで、急で歩幅が狭い長い階段で、
必要以上の神経を使わされて、現実に舞い戻り

この横には、寺院やちょっとした庭園などもあり
遠くまで来た甲斐がありました。
この日は晴れだったのですが、洞窟を出れば日陰がほとんどないところなので
日傘や飲み物はお忘れなく!

クアラルンプールへ :到着

2012.01.24 18:57|旅する
シンガポールからクアラルンプールまで、1時間の空の旅。
昇って、20分ぐらいしたら、また下降というかんじで
私たちの感覚からいえば、国内線まさにそのもの。

KL8.jpg

空と海の境界線がはっきり見えないほど、青一色。

空港は、かなり寂れた感じの雰囲気。
タクシー乗り場も今ひとつ分かりにくく
ここで事前購入したタクシー券(クーポン)を
ドライバーさんに渡してホテルへ。
これがめちゃ遠い!100kmペースで飛ばすこと1時間ちょっと。
ようやくホテルに到着。なぜこんなに遠いの??

宿泊先はwestin。
wes1443ex.jpg
クアラルンプールでキッズクラブがあるとこがなかなか見つけられず、
調べた限りであるホテルがここだけだったので。


このところスターウッドのホテル続きで
この似た雰囲気ばかりのせいか、新鮮さがなく、、、でも
個人的には、やっぱりヘブンリーベッドは毎回でもいい。
KL9.jpg

部屋からの風景。
KL12.jpg

プールはなかなかよく、プールバーのサービスも気が利いていて
サービスで冷えたお水やフルーツ、アイスキャンディーが。
KL14.jpg

KL13.jpg

たくさんのホテルが展開されていますが
ここは観光客には便のいいロケーションで
目の前には巨大ショッピングセンターやレストランなどがあって快適。
空港からもう少し近かったらいいのに。





クアラルンプールへ:バジェットターミナルから出発

2012.01.20 10:12|旅する
義母が帰った後、まだ冬休み1週間もありというのに、
とにかく雨が多かったこの冬休み。
これじゃぁね、、、となり、急遽予定変更。
どこかへ脱出だ!となったものの、年末間近のこの時期、
もう今更遅いわけで、リゾートビーチ系はどこもいっぱい。
たとえ予約がとれてもイモ洗い状態じゃ、疲れるだけ。
近場で観光できるところがいいねとなり、
飛んだ先は、マレーシアの都市クアラルンプール。

バジェット空港は今回初めての利用で
想像していたより、遥かに立派で快適!

シンプルがゆえに、カウンターも見つけやすく、
KL.jpg
あっというまに、チェックイン完了。
ボーディングパスは、レシートみたいな紙でした。

ここでカヤトーストセットなどの簡単な朝食をとり、
KL2.jpg

プレイエリアで少し遊ばせ、
KL#

出国手続きの後、そこでも子供が楽しめるコーナーがあり、
KL5.jpg

KL6.jpg

プレイエリアがすぐ目の前なので、落ち着いてコーヒーも飲め、
KL7.jpg

驚きだったのが、ケイタイの充電ができること。

写真
この鍵付きのロッカーに各機種の充電コードがあるので
それに自分のケイタイをつなげて、あとは鍵をかけて充電を待つだけ。
しかも無料!バジェットとはいえ、さすがシンガポール。。。ステキ!

KL4.jpg
あとは、ちょっとブラブラしたら、もう搭乗時間。
ショップは数少ないですが、バジェットでこれだけあれば十分。

バジェットだから何にもないんだろうなぁなんて想像していたせいか
この充実ぶりにビックリ。普通のターミナルなんかより、
私にはこちらのほうが使いやすいくらいです。
でも、ここは今年9月に取り壊され、チャンギ空港内に
ターミナル4として新たにオープンするとのこと。
えー、もったいない!と思いましたが、さらに充実して再開となるのでしょう。
このくらいの大きさ便利でいいのになぁ。



カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

シンプルアーカイブ

プロフィール

chico

Author:chico
シンガポール在住5年目を迎え、海外生活は10年目となりました。息子と娘の子育てが落ち着いてきたこの頃は、シンガポールで自分時間を堪能中。

photos

www.flickr.com

Thank you for visiting!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

FC2カウンター

最新コメント

☆コメントありがとう☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Flashリバーシ

本棚

フリーエリア

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。